この鳥なーに?

2015年4月19日 日曜日

?この鳥なーに? 初級編11 ~回答編~

この鳥なーに?解答編美しい鳥さんです!!





答え
 カワセミ(ブッポウソウ目 カワセミ科)
  学名:Alcedo atthis
  L 33cm
本州以南では留鳥として繁殖する。北海道は夏鳥として渡来。河川などで見られる。汚れた川などにより数の減少が見られるが、最近の河川保全運動などにより少しずつ戻る姿も見られる。意外と身近な河川にいることが、、。

日露の渡り鳥条約に指定されている。

japaneseteaちょっと一息
 「飛ぶことへの進化②」
 カワセミの骨格を見ると腕から手にかけて(翼部)が身体に対して非常に長い割合である事が分かります。これは飛ぶために進化した事ですが、同じ様に飛ぶために進化したヒメアマツバメとはどのように異なるのでしょうか?先述したとおり、ヒメアマツバメの上腕骨(二の腕)は非常に短く、前腕骨(腕)と手根中手骨と指骨(手のひらと指)が非常に長い事が特徴でした。そのため、空中での生活が上手にできるように進化しました。カワセミは上腕骨(腕)も前腕骨(腕)も手根中手骨と指骨(手のひらと指)全てが長くなっています。すなわち、カワセミとヒメアマツバメの違いは上腕骨(二の腕)の長さの違いにあります。ここにお互いが選んだ生活スタイルのための進化の違いの一部が見えます。上腕骨(腕)の長いカワセミは停空飛翔から水に飛び込み獲物を加えて、Uターンして止まり木まで垂直に近い角度で上がって行きます。すなわち、停空飛翔や水から上がるための飛びかた、すなわち「浮力」が重要である事が分かります。上腕骨(二の腕)と前腕骨(腕)に付いている羽は身体を持ち上げるための羽(揚力)です。この部位が長い事によって安定して浮力を得る事が出来ます。長い旅をして空中で生活を送るアマツバメ、長距離飛ぶことはないが、非常に強力な浮力を必要とするカワセミ、両者の「飛ぶこと」に対する違いは生活に合わせた進化によるものです。

投稿者 小鳥の病気.com(川口市、池袋の小鳥のセンター病院) | 記事URL

2015年3月 8日 日曜日

?この鳥なーに? 初級編11


この鳥なーに?





特徴
大きな嘴。喉の白。胸の橙色、背中の青緑色。この鳥さんは色がやや灰色がかり、足が黒っぽいため幼鳥です。

もう一つヒント!
 別名「ヒスイ、青い宝石」です。

                                  →答えはこちら

投稿者 小鳥の病気.com(川口市、池袋の小鳥のセンター病院) | 記事URL

2015年2月 1日 日曜日

?この鳥なーに? 上級編10 ~回答編~

答え
 ヨシゴイ(コウノトリ目 サギ科)
  学名:Ixobrychus sinensis
L 37cm  W 53cm
 アシに捕まり、カエルや小魚などを捕食する。冬は東南アジアからインド、ミクロネシア、ニューギニアにかけて生息し、夏鳥として日本全国に渡来します。

日米の渡り鳥条約
日中の渡り鳥条約
日露の渡り鳥条約
に指定されている。

japaneseteaちょっと一息
 「ゆうれいどり?」
 繁殖期に夜「ウォーウォー」と鳴くのは知られていますが、昔はこの声を聞いて「オーイ、オーイ」と聞こえたそうです。まるで暗い沼から呼ばれたように、、、、。ここから「ゆうれいどり」と言う名前が付きました。この鳥さんは異名が多く「ばかどり」、「煩悩鷺」、「うまおいドリ」、「ひめごい」、「さやつきどり」などの異名を持っています。ヨシゴイは昔も姿を見ることは難しかったと考えられますが、人の生活と深く関わっていたために様々な名前が付いたのです。昔の日本にはもっと、もっとヨシゴイが存在できる環境があったと考えられます。


投稿者 小鳥の病気.com(川口市、池袋の小鳥のセンター病院) | 記事URL

2014年12月20日 土曜日

?この鳥なーに? 上級編10

この鳥なーに?この鳥なーに?この鳥なーに?

 

特徴
風切羽が黒い。頸部に白に茶色の縦斑がある。サギ類の中で最も小さい。(右画像の缶の高さは約10cm)。この鳥さんは夏鳥として渡来。北海道から九州まで全国で繁殖する。水田、湿地、アシ原などに住んでいる。
警戒すると独特な首を伸ばす擬態のポーズをとり、アシの茎にまぎれる。

もう一つヒント!
 別名:「ゆうれいドリ」、「煩悩鷺」など様々な異名を持つ。


                                          →答えはこちら、、

投稿者 小鳥の病気.com(川口市、池袋の小鳥のセンター病院) | 記事URL

2014年11月29日 土曜日

?この鳥なーに? 中級編10 ~回答編~

答え
 キジバト(ハト目 ハト科)

  学名:Streptopelia orientalis

  L 33cm
日本全国で繁殖するが、北の鳥は暖地へ移動する。草や木の実、ミミズや水田の巻貝を食べている。親鳥は子育てをミルク(ピジョンミルク)で行います。「キジバト」の名前はキジ(雉)の雌に似ているためにこの名がついた。漢字も雉鳩。狩猟鳥。

日露の渡り鳥条約に指定されている。

ちょっと一息
 「ピジョンミルク」
 鳥類の中では子育てをミルクで行う鳥種もいます。ハト類、フラミンゴ、ペンギンなどが知られています。それぞれ、ピジョンミルク、フラミンゴミルク、ペンギンミルクと言われています。
人のミルクとは違い糖質を含まず、脂肪とタンパク質を多く含むのが特徴です。ペンギンの場合はさらに脂肪とタンパク質が多く含みます。フラミンゴの場合はミルクが既に赤いので、ヒナも徐々に赤くなっていきます。

投稿者 小鳥の病気.com(川口市、池袋の小鳥のセンター病院) | 記事URL

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
小鳥のセンター病院
中央病院 年中無休 048-266-6661
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 埼玉県川口市前川4-24-5
診療時間 9時~12時 15時~19時(年中無休)
アクセス

【最寄り駅】JR京浜東北線 蕨駅

バスでお越しの方:
JR蕨駅東口より「川口駅東口行きバス」
前川公民館前」で下車(乗車時間約10分) バス停より徒歩3分
タクシーでお越しの方:
JR蕨駅東口より
「前川4丁目の池谷動物病院」とお申し付け下さい(乗車時間 約5分)
お車でお越しの方:
前川4丁目スーパーマルエー前、前川たたら荘交差点前です。
近くに駐車場8台あり
池袋病院 年中無休 03-5960-3411
診療時間
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 東京都豊島区西池袋2-40-1
診療時間 10時~13時 15時~19時(年中無休)
アクセス 池袋駅メトロポリタン口より、徒歩3分