小鳥のセンター病院 中央について

小鳥のセンター病院 中央の特徴について

POINT1 小鳥を専門とした数少ない動物病院

当院は日本でも数少ない小鳥を専門とした動物病院です。
小さなからだで起きている異常を発見するには、かなりの技術や知識、経験が必要に。
当院の獣医師は小鳥の専門家として、病気の治療を全力で目指します。

POINT2 日本に初めての鳥専用CTの導入

小鳥さんの小さなからだの内部を詳しく調べることができれば、病気の原因を特定しやすくなります。
当院に導入しているCTは小鳥用。様々な角度から解析ができるため詳しい検査が可能です。

POINT3 猛禽類から小鳥さんまでOK

鳥の種類は、肉食の猛禽類から小鳥さんまでさまざま。すべてに同じ対応をすることはできません。
当院は月間臨床数が1000羽を超えています。積み重ねによって生まれる経験が、あらゆる種類の鳥さんの診療・治療に生かされています。

小鳥のセンター病院 池袋の特徴

小鳥のセンター病院 池袋の特徴

POINT1 小鳥のための小鳥だけの病院

当院は小鳥(コンパニオンバード)専門の病院です。
皆さんと一緒にいる全ての小鳥(コンパニオンバード)が診療対象です。小鳥さんのみを診療している病院です。そして、年中無休で診療しているので、安心して来院していただけます。

POINT2 アクセスの良い病院

池袋駅から徒歩3分。JR、私鉄(東武東上線、西武池袋線)、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線)など様々なアクセス方法があります。

POINT3 コンパニオンバード全てOK

鳥の種類は、肉食の猛禽類から草食類までさまざま。体重も10kg越えの鳥から、わずか数gの小鳥までさまざまです。その小鳥さんに合った診療をおこないます。また、同じ鳥種であっても性格は異なります。個々の鳥種、体重、性格などさまざまなことを考慮して診療を行います。

ごあいさつ

当院のホームページを訪問していただきありがとうございます。

当院(小鳥のセンター病院 中央病院)は動物病院として小鳥から大きな動物まで総合的に治療しておりますが、なかでも鳥専門病院として、皆さんに広く知られるようになりました。
30年以上前に開院した当院は、近隣の皆さんとは長くお付き合いをさせていただいており、今でも近隣に往診に出かけることもあります。さらに、池袋にはコンパニオンバード専門の病院を設立、10年経ちました。

小鳥さんは辛い症状を訴えることができないため、いつもと様子が違う場合、飼い主さんは不安になるかと思います。さらには他の動物とは異なり、小鳥さんはからだが小さいので病気のサインも小さいです。そして相談できる病院が少ない点も、小鳥の飼い主さん特有の不安ではないでしょうか。

当院には小鳥用CTスキャンを始め、小鳥さんの小さなからだを診ることができる各種設備を整えております。小鳥さんは他の動物とは異なり、とても小さい生き物です。そして小鳥さん特有の病気やストレスが原因となり発症する病気もあることから、診察、診断、治療、全てにおいて難しい点が、専門医を必要としている理由です。

小鳥さんの病気の原因をしっかりと把握するため、当院では様々な方法で病気を突き止めます。その一つとしてカウンセリングが必要な場合があります。カウンセリングでは飼い主さんのプライベートな部分をお伺いすることもあります。そのことが小鳥さんの病気の一因である事も考えられるからです。
心身ともに元気な小鳥さんと暮らすためにも、一緒に病気の治療に取り組んでいただければ嬉しく思います。

 

小鳥のセンター病院 院長 池谷 真樹

中央病院 診療時間

年 中 無 休

診療時間
9:00~12:00
15:00~19:00

池袋病院 診療時間

年 中 無 休

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00
中央病院 TEL:048-266-6661
池袋病院 TEL:03-5960-3411