HOME > 足を引きずる

足を痛がる、足を挙げている、力が入らない(跛行する)

足を痛がる、足を挙げている、力が入らない(跛行する)

足を引きずる、足を痛がっている、
足を挙げたままになっている、
力が入っていない感じがするなど、
いつもと違う様子を見せたら、怪我や病気が疑われます。
具合が悪い様子を見せ始めたら、
相当悪くなっている可能性が高くなります。
下記の病気の原因は、
どんな状況なのかを知るための指針となりますが、
あくまで「指針」として、その考えにとらわれることなく、
早めに小鳥の専門病院で検査や治療を受けることをおススメします。


症例写真(足の異常)

  • 文鳥の左足の挙上、右足への負重。骨の代謝異常(多骨性骨化過剰症)などにより起こる場合がある。足を痛がる
  • 左の写真を違う角度から



    足を痛がる
  • 左足を挙上、右に負重している。左大腿骨の骨折がある。大腿骨折の場合、足を軽くつく場合がある。足を痛がる
  • 普段は隠しているが、静かに見ていると足を挙げる場合がある。

    足を痛がる
  • 左足が痛いので右足に負重している足を痛がる
  • 挙げている理由は
    踵部の腫脹による

    足を痛がる
  • 正常な関節(右足)
    右足の正常な踵部、
    腫れていないのが分かる
    足を痛がる
  • 脚の異常により
    歩行が困難

    足を痛がる
考えられる原因として・・・
  • 食事
    (タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど)
    与えすぎまたは不足による
  • 偏食(食事の好き嫌い、偏った食事管理)
  • 吸収異常、吸収不全などによる
  • カラス、ネコなどによる咬傷
  • 熱傷
  • その他の事故などによる
  • 椎骨の骨折
  • 足の骨折
  • 羽の骨折
  • その他の部位の骨折による
  • 細菌性関節炎
  • 真菌性関節炎
  • その他の関節炎などによる
  • 重金属中毒
    鉛などの重金属摂取による
  • 人の食べ物による疾患
    チョコレート
    アボガド
    アルコールなどによる
  • 有毒な植物による中毒
    アサガオ
    ポトス
    ユリなどによる
  • 吸入による中毒
    ポリテトラフルオロエチレンガス(テフロン系)
    タバコ
    塩素ガス(次亜塩素酸ナトリウム)などによる
  • 人体薬による中毒
    人への処方薬の誤摂取による
  • 脳疾患
    細菌性脳炎
    真菌性脳炎
    ウイルス性脳炎
    その他の脳炎
  • 髄膜疾患
    細菌性髄膜炎
    真菌性髄膜炎
    ウイルス性髄膜炎
    その他の髄膜炎
  • 輸卵管疾患
    卵管蓄卵材症
    卵管嚢胞性過形成・嚢胞性卵管
    卵管腫瘍
    卵管炎
    右輸卵管遺残
    卵詰まり(卵塞)
  • 卵巣疾患            
    卵巣嚢腫
    卵巣腫瘍(嚢胞性)
    卵巣炎
  • 過発情
  • 過産卵
  • 異所性卵材症(卵墜)
  • 精巣疾患
    精巣炎
    精巣腫瘍
  • 内因的なストレス
    羽の抜け変わり(トヤ)、精神的緊張等による
  • 外因的なストレス
    環境的な問題
    (温度、音、光、匂い、同居鳥との関係など)等による
  • 全身の怪我
  • 足の怪我
  • 趾瘤症(バンブルフット)
  • その他の部位の怪我による
  • 多骨性過骨症
  • 靭帯へのカルシウム沈着
  • 関節へのカルシウム沈着
  • 局所性感染
  • 全身性感染
  • 足の自咬
  • その他の部位の自咬による
  • 中枢神経性疾患
    中枢神経性炎症
    中枢神経性良性腫瘤
    中枢神経性悪性腫瘤
    中枢神経の物理的圧迫などによる
    脳梗塞
    突発性てんかん
    頭部外傷
    脊髄梗塞
    脊髄損傷
  • 末梢神経性疾患
    抹消神経性炎症
    末梢神経性良性腫瘤
    末梢神経性悪性腫瘤
    末梢神経の物理的圧迫などによる
  • 甲状腺疾患
    甲状腺機能低下症
    甲状腺腫
    甲状腺癌などによる
  • 細菌性腹膜炎
  • 真菌性腹膜炎
  • その他の腹膜炎などによる
  • 肝臓腫瘤
  • 腎臓腫瘤
  • その他の腫瘤
  • 肝疾患
  • 腎疾患
    腎臓肥大
    腎臓腫瘤などによる
  • すい臓疾患
    すい炎などによる
治療について
何か不調が見られたら、病院へ行き、原因を見つけ、治療を受けましょう

まずは検査をして、原因を追究し治療を行います。
小鳥は小さいため、症状を見落としがちです。
進行も早く、1~2日で死に至ってしまうケースもありますので、元気がないなどの不安な症状がみられるときは、早めにご来院ください。

小鳥のセンター病院
中央病院 年中無休 048-266-6661
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 埼玉県川口市前川4-24-5
診療時間 9時~12時 15時~19時(年中無休)
アクセス

【最寄り駅】JR京浜東北線 蕨駅

バスでお越しの方:
JR蕨駅東口より「川口駅東口行きバス」
前川公民館前」で下車(乗車時間約10分) バス停より徒歩3分
タクシーでお越しの方:
JR蕨駅東口より
「前川4丁目の池谷動物病院」とお申し付け下さい(乗車時間 約5分)
お車でお越しの方:
前川4丁目スーパーマルエー前、前川たたら荘交差点前です。
近くに駐車場8台あり
池袋病院 年中無休 03-5960-3411
診療時間
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 東京都豊島区西池袋2-40-1
診療時間 10時~13時 15時~19時(年中無休)
アクセス 池袋駅メトロポリタン口より、徒歩3分