HOME > 出血している

どこからか出血している

どこからか出血している

出血していたら、怪我や病気が疑われます。

下記の病気の原因は、
どんな状況なのかを知るための指針となりますが、
あくまで「指針」として、その考えにとらわれることなく、
早めに小鳥の専門病院で検査や治療を受けることをおススメします。




症例写真(血尿)

  • 血尿
    便とは関係なく出ているのが確認できる。

    多尿のイメージ
  • 血尿
    尿酸に混ざりピンクに見える。その周りの尿がうっすらと赤い。
    血尿のイメージ血尿のイメージ血尿のイメージ多尿のイメージ
  • 血尿
    便とは関係なく出ているのが確認できる。

    出血
  • 出血が尿か、便か、ケガなどによる他の部位からの出血か、判別しにくい場合がある。写真は血尿出血

症例写真(脱羽と血尿)

  • 脱羽と出血
    パニックによる
    (オカメインコ)
    多尿のイメージ
  • 脱羽と出血
    左の写真と同じ
    オカメインコ
    脱羽と出血その②
考えられる原因として・・・
発情・産卵
  • オスの発情による与えすぎまたは不足による
  • 雌の産卵時の出血などによる
自咬
  • 羽の自咬
  • 脇の自咬
  • 足の自咬
  • 首の自咬
  • 背中の自咬
  • 腹部の自咬
  • その他の部位の自咬などによる
総排泄腔疾患
  • 総排泄腔結石
  • 総排泄腔の炎症
    総排泄腔脱
    総排泄腔感染
  • 総排泄腔内肉芽種
  • 総排泄腔内良性腫瘤
  • 総排泄腔内良性腫瘤
喀血疾患
  • 下部呼吸器疾患
    気管性
      異物性気管炎
     刺激物吸引性気管炎
     細菌性気管炎
     真菌性気管炎
     寄生虫性気管炎
     ウイルス性気管炎などによる
    気管支性
     異物性気管炎
     刺激物吸引性気管炎
     刺激物吸引性気管炎
     細菌性気管炎
     真菌性気管炎
     寄生虫性気管炎
     ウイルス性気管炎などによる
    肺性
     異物性肺炎
     刺激物吸引性肺炎
     細菌性気肺炎
     真菌性肺炎
     ウイルス性肺炎などによる
    気嚢(キノウ)性
     異物性気嚢炎
     刺激物吸引性気嚢炎
     細菌性気嚢炎
     真菌性気嚢炎
     ウイルス性気嚢炎などによる
  • 心疾患
内科的疾患
  • 肝疾患
  • 腎疾患
  • 肝臓腫瘤
心疾患
生殖器系疾患
  • 輸卵管疾患
    卵管蓄卵材症
    卵管嚢胞性過形成・嚢胞性卵管
    卵管炎
    右輸卵管遺残
    卵管腫瘍
    卵詰まり(卵塞)
  • 過発情
  • 過産卵
  • 異所性卵材症(卵墜)
  • 精巣疾患
    精巣炎
    精巣腫瘍
事故
  • カラス、ネコなどによる咬傷
  • 熱傷
  • その他の事故などによる
パニック
  • オカメインコのパニック
  • その他の鳥のパニック
中毒物質の摂取
  • 重金属中毒などによる
吐血疾患
  • 口腔内疾患
    口内炎
     細菌性 口内炎
     真菌性 口内炎
     原虫性
     口内炎
     ウイルス性 口内炎
     異物性口内炎
     刺激物性口内炎
     腫瘍性口内炎
     その他の炎症性口内炎などによる
    口腔内潰瘍
     細菌性潰瘍
     真菌性潰瘍
     原虫性潰瘍
     ウイルス性潰瘍
     刺激物性潰瘍
     異物性潰瘍
     良性腫瘤性潰瘍
     悪性腫瘤性潰瘍
     その他の炎症性腫瘤性潰瘍などによる
  • ソノウ疾患
    ソノウ炎
     細菌性ソノウ炎
     真菌性ソノウ炎
     原虫性ソノウ炎
     刺激物性ソノウ炎など
    ソノウ腫瘤
     炎症性腫瘤
     良性腫瘤
     悪性腫瘤など
    ソノウ異物
     異物摂取性
     誤嚥性などによる
  • 胃疾患
    胃炎
     細菌性 胃炎
     真菌性 胃炎
     異物性胃炎などによる
    胃腫瘤
     良性腫瘤
    悪性腫瘤などによる
  • 食道疾患
     異物性食道炎
     刺激物性食道炎
     食道腫瘤
腹腔内腫瘍疾患
  • 肝臓腫瘤
  • 腎臓腫瘤
  • その他の腫瘤
血尿
  • 腎炎
    細菌性腎炎
    真菌性腎炎
    その他の腎炎
  • 中毒物質の摂取
    鉛などの重金属中毒による
治療について
何か不調が見られたら、病院へ行き、原因を見つけ、治療を受けましょう

まずは検査をして、原因を追究し治療を行います。
小鳥は小さいため、症状を見落としがちです。
進行も早く、1~2日で死に至ってしまうケースもありますので、元気がないなどの不安な症状がみられるときは、早めにご来院ください。

小鳥のセンター病院
中央病院 年中無休 048-266-6661
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 埼玉県川口市前川4-24-5
診療時間 9時~12時 15時~19時(年中無休)
アクセス

【最寄り駅】JR京浜東北線 蕨駅

バスでお越しの方:
JR蕨駅東口より「川口駅東口行きバス」
前川公民館前」で下車(乗車時間約10分) バス停より徒歩3分
タクシーでお越しの方:
JR蕨駅東口より
「前川4丁目の池谷動物病院」とお申し付け下さい(乗車時間 約5分)
お車でお越しの方:
前川4丁目スーパーマルエー前、前川たたら荘交差点前です。
近くに駐車場8台あり
池袋病院 年中無休 03-5960-3411
診療時間
午前 10:00~13:00
午後 15:00~19:00
外観写真 周辺地図
住所 東京都豊島区西池袋2-40-1
診療時間 10時~13時 15時~19時(年中無休)
アクセス 池袋駅メトロポリタン口より、徒歩3分